「旅」でこそ、人は成長する

旅の思い出を振り返って見ると、大抵の場合は、すんごく困った場面を思い出す。

会社員時代「フェルメール」を観に行きたいと、ひとりオランダに行ったときの最大の思い出は「モスキート事件」である。

ホテルの部屋に「蚊」がいて、到着した日の夜、一晩中、あの忌々しい音を立てながら私の周りを飛び回るのである。寝られたもんじゃない。せっかくの旅の初日を邪魔され、、、、

翌朝、フロントに行き必死で訴えた。

「メニ―モスキート イン マイルーム」「アイ キャーント スリーピング」

「キルゼム、キルゼム、キルゼム」

両手をヒラヒラとさせ、蚊が飛び交う様子をジェスチャーで示しながら、さらに蚊の音を真似して、左腕に蚊がとまった想定で「キルゼム」にあわせて、右手で左腕をペチペチ叩く。

小柄な日本人女性が、フロントに乗り込んできて「キルゼム」「キルゼム」ペチペチ〜〜である。フロントの男性は、果たしてどう思ったであろうか?思い出せば出すほど、恥ずかしいやら、もはや微笑ましいやら・・・

あれから20年以上が経つが「そういえば、変な日本人がいて・・・」と現地で「ネタ化」しているんじゃないかと想像してみたりもする。

思い出してほしい。私は「フェルメール」を観に行ったのである。

でも、一番に思い出すのは「モスキート事件」なのだ。

笑える。(画像は大塚国際美術館…これも笑える?)

カット版

いやしかし、旅の醍醐味というのも、実はここにあるような気もする。

思うようにならない=非日常の中で、人は挑戦するのだ。その可能性を最大限に発揮するのだ。自分が安心していられる「コンフォートゾーン」から「アンコンフォートゾーン」に行くことで、人は覚醒するのだ。

安定、安心の場は大事だと思う。居心地もいい。

だけど、そこだけでぬくぬくと留まっていたら、成長機会は、残念ながら訪れないのではないか。

だから、私は「旅」が好きなのだ。そして「旅する朗読」という企画を考えたのである。「旅」という非日常では、感性のアンテナも自然に高くなる。そこにストーリーがあれば尚更だ。好奇心が自然、むくむく湧いてくる。

そして、表現したくなる。

私が「モスキート事件」を未だに語り継いでいるように(笑)

コロナ禍で、今、私たちは思うように「旅」は出来ないけれど、非日常が詰まった体験が出来る。それが「旅する朗読 東海道中膝栗毛」だ。

「旅」を教材にして「オンライン」「朗読」「YOUTUBE 配信」など、非日常がてんこ盛り、すなわち「成長の機会」が詰まっている。

満席まであとわずか。詳しくはこちらをどうぞ。

〆切延長して、おひとり参加枠を増やしました。

残席は今日時点で、ペア1席(2人)、個人3席(3人)です。

遠く離れて会えない家族も、オンラインで繋がって一緒に参加すると、楽しいですよ〜。

お問い合わせは、こちらまでどうぞ。info@kotosuku.com

>お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください。

ことのはスクエアは、静岡県周辺地域を中心に「伝わる話し方&聴き方」「対話のある組織づくり」といったコミュニケーション研修から、キャリア形成に関わるプログラム、朗読指導まで、受講者に寄り添ったオリジナル研修や講座を数多く企画・提案・展開しています。まずはお気軽にご連絡ください。

CTR IMG